話を最後まで聞けないヒステリー男と付き合ってた時うんざりしてラップの合いの手だと思って喋ることにした

<スポンサーリンク>

すずかすずか

なんか楽しそうな人だなーって思って付き合ってみたら全然違ってたっていうのあるよね


みくみく

めんどくさーい彼氏への対処法があるみたいだよ(笑)

昔、どうやっても話を最後まで聞けないヒステリー持ちの人と付き合ってた時
うんざりしてラップの合いの手だと思って喋ることにしてた。

ちょっと片言で喋って、
カタカナ語はネイティブっぽく言うのが雰囲気を出すコツ。

下らないけど、韻を踏んで話せるとめっちゃ満足するし、
こっちも淡々としていられるから
話を聞かない人と喋らなきゃいけない時オススメ。

‐小声で、最初にHey!Yo!をつけて話し始めて‐

<スポンサーリンク>

「このマエさ『彼)ぁあんだよ!』
話したんだケド『じゃあいーよ!』
マタやってるかr『ああ!!』
一応イットコウかと思っ『だぁっから!ぁあんだよ!』
ポケットにさ『なに!!』
スマホを入れたママ『ああ!』
センタクキに『えっ?』
(途端に声が小さくなり、青い顔でドタドタ走って行く)
入れない方がイイって『あー!!』
言ったよネーHey!Men!トゥクトゥ!Yeah!

-目の前にいない間は大きい声でHey!Men!とかトゥクトゥの効果音を入れる‐

[`yahoo` not found]