衝撃体験 弟がアクティブニートのおかげで1人の命が助かった!!でも…

衝撃体験

うちには比較的アクティブなニートの弟がいる。
普段は自分の部屋で過ごしているのだけど、
家族が気付かないうちに近所を散歩したり、友人宅へ遊びに行っていることがある。
ここから両親に聞いた仰天話。

先日夜に親と同世代の知らない夫婦が突然訪ねてきて、
「うちのお爺さんを助けていただいたみたいで…」と言われたらしい。
心当たりがなかった両親は「人違いではないですか?」と答えると、
「息子さんに…」と言われたという。
驚いて詳細を聞いてみると、以下のことを伝えられたそう。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

・父親が痴呆症で家族が目を離した隙に行方不明になり、捜索願を出していた。
・警察犬も出動したが、途中でニオイが消えてたらしく捜査できなかった。
・行方不明になってから丸2日が経ち、気温が低く雨の降った日もあったため、半ば諦めていた。
・お爺さんは人気のない土手の下で倒れていた。
・弟が第一発見者で、お爺さんに声を掛けたが意識がなかったため警察に通報したこと。
・その後すぐ病院に運ばれ検査したところ、衰弱が酷く暫く入院が必要だが命に別条はないこと。

両親が弟に話を聞くと…
・普段行かない場所だが、なんとなく行った方がいい気がしたため初めて行った。
・なんとなく土手の下を見たらお爺さんが倒れていた。
・声を掛けたが意識がなかったため、死んでるかと思って警察に電話した。
・住所を聞かれても分からず、人気のない場所だったが、
走り回ったら近くで畑仕事をしてるオバちゃんを見付けて住所を教えてもらった。(弟はガラケー)
と話したそう。

弟がニートじゃなかったらお爺さんは助かっていなかったかもしれないけど、
なんだか複雑な気持ちになった。
人様の役に立てたことは嬉しい。
でもいい加減働け。

[`yahoo` not found]