<スポンサーリンク>

【修羅場】20歳の誕生日の日、家族も彼氏も幼馴染も予定があって1人で過ごすことに。→近所の公園で泣いた後に家に帰ったら…

まとめ読んでてふと思い出した昔の修羅場

20歳の誕生日の日が土曜日だった。
なのに、
父:出張(それは仕方ない、一生懸命働いてくれているので私が大学に通えるのは百も承知)
母:同窓会旅行(30年ぶり。恩師が定年退職されるので、母の出身地で開催されるらしい。
  母が家族旅行以外で旅行するのは結婚以来初めてというので、納得)
兄:彼女とデート(これは超納得。私も彼氏に妹の誕生日優先されたら気が悪い)

彼氏:バイト(これも仕方ない。結構、苦学生な人だったから)
幼馴染:みんな用事(まぁ、突然言われても無理よね)

と、寂しい誕生日確定だった。

<スポンサーリンク>

トオルトオル

この間の誕生日にな
一人でグランドキャニオン行った

ユウヤユウヤ

俺の20の誕生日は試験の真っ最中だった。
ていうか大学時代ずっと試験中だった。
友人がくれた過去問のコピーが最大のそして唯一の誕生日プレゼントだった。

みくみく

ごめん、孤独な誕生日ってのが最大の修羅場かと思ったw

当日、「晩御飯に(私)が好きな○○作っておいていくから、食べてね~。早く帰ってくるのよ~」
と母は朝から浮かれていた。
旅行に出るのが楽しみなんだな、と思って私はバイトに出かけた。
夕方、誕生日と知った店長が早く上がらせてくれた。
「20歳の誕生日なんて特別だから盛大に祝ってもらうんだろ。おめでとう」
と・・・・・・。
なんか、どっと疲れて寂しくなって、帰り道、缶コーヒー買って、近所の公園でぼーっと座ってた。
地味~に泣きそうになってた。
そしたら、小さいころに可愛がってくれてた近所のお姉さんが偶然通りがかったんだ。

合せて読みたい!
[`yahoo` not found]