【凄い嫁】浮気相手と出掛けた先で妻の友人に遭遇。→帰宅すると裸にニットキャップをかぶった妻が…

浮気がバレた時の対処法は逆ギレ!
とはウチの親父残した名言です(父は健在です)。

血筋でしょうか、かれこれ結婚から四年、年に2人は浮気相手が出来てます(笑)
中でも長いのは8年ものの妹と同じとしの韓流ハーフ。
私を「兄ちゃん」と呼ぶため、必要以上に気に入ってます(笑)
そんな健全な浮気ライフが妻にバレたのが先週の日曜日。

<スポンサーリンク>

土曜日の休みを使い浮気相手の妹ちゃんと出かけた先で妻の友人に出くわし、ジ・エンド(´Д` )
帰宅すると待っていた妻が出迎えてくれました。
なぜかニットキャップをかぶって「おかえり」ではなく「おつかれ!」と元気に。
正直「恐い」それが先行して「お疲れ様です」となぜか敬語で返してしまった。
そこから無言の重圧が来るのかと思いきや、
完全にこちらの予想を覆す喋りっぷり。
主についさっきあったばかりの妻の友人の話

<スポンサーリンク>

たじろぐと逆に変な空気になると思ったので、つとめて冷静に反応、
なんとか風呂に逃げ込み、湯船につかり小一時間の長考。
あれこれ考えたのに、どうしても親父の名言だけは使う気になれず、
というより妻も知っている名言なので多分通用しない(笑)
考えに考えた末、出た答えは「謝罪」の二文字。
私の親父の辞書にはきっとない二文字。
でも名言を使えばきっと妻の信頼は二度と得られない。
なんだかんだで妻が好きなんです。
男ってこんなもんだと思う。
謝罪を決意し、早々に風呂から上がろうと思った時でした、突然開いた風呂の扉。
扉の先に立ったハダカにニットキャップの妻。
エプロンではなくニットキャップ!
セクシーのカケラもなく、ただただ「恐い」
完全に引いてしまっている私に妻の一言。
「背中流すよ」

[`yahoo` not found]